2021年10月7日木曜日

アンティークバカラ ミモザ BACCARAT MIMOSA





今年初めて入手したミモザシリーズ




1916年のバカラ カタログ




名前の由来

花をつけたミモザ


名前自体はそのものズバリ黄色い可憐なお花と枝葉の、あの植物のミモザです。

なので由来を書くというほどでもないですが、イタリアに住んでいる私にとってミモザの花は特別なお花なので、まずはそれから書き始めることにします。

イタリアでは毎年38日が女性の日、Festa della Donna、正確に訳すと「女性のお祭り」になりお出かけや外食を楽しみますが、男性が女性に敬意と感謝を込めてミモザの花をプレゼントし合うのが風習です。パートナーだけではなく、友人、仕事仲間など自分にとって大切な女性に贈りますし、気の利いたお店などは朝から女性のお客様にミモザのミニブーケを配ったりもします。日本人の感覚でいうと「女性のお祭り」なら女性友達同士で祝うだろうと思いがちですが、恋人と祝う人もいれば、家族で一緒に祝う家庭もあります。


イタリアではこんなミニブーケを贈り合います。
花瓶がわりにミケランジェロ グラスを使用


国際的には毎年38日国際女性デーは、190438日にアメリカのニューヨークの女性労働者が参政権を求めてデモを行った日です。このデモを受けて、1975年に国際女性デーが制定されました。現在は国連事務総長が加盟国に対して、女性が平等に社会参加できるような環境づくりを呼び掛ける日になっています。

国連だけでなく、途上国の女の子の支援プロジェクト「Because I am a girl 」などを実施している公益財団法人プラン・インターナショナル や民間企業などもイベントやシンポジウムを開催するなど、世界中で女性の社会参画を願った取り組みがなされる日なのです。


1914年の女性デーのポスター


一方フランスでミモザと言いますと南仏コートダジュールマンドリュー・ラ・ナプール(Mandelieu-La Napoule)  という街では、毎年2月にFete du Mimosa「ミモザ祭り」が開催され、ゴージャスにミモザで飾り付けされた山車が繰り出し人々にミモザの花を配る、ミモザ・カーニバルのような賑やかさなになるそうです。まあ、時期的には2月といえばカーニバルの季節でもあ流のでそれを兼ねているのかもしれません。


こちらがそのお祭りの2019年様子のビデオ 

この年は「マルコ・ポーロの冒険」がテーマだったようです。


個人的な趣味で言うとミモザの花や枝葉の奥ゆかしさが好きなので、このお祭りはちょっとやり過ぎで、イタリアのように密かにミモザのミニブーケを贈り合う方が好きですが、「春を告げる花」として、ここでは春の到来のお祭りとしてこれもまた良し解釈しておきましょう。





さて、グラスに凝る方はアルコールもお好きと決めつけている私。カクテル、ミモザについても少し書きましょう。

カクテル、ミモザ
写真はこちらのイタリアの代表的レシピサイトから拝借しています。



簡単で美味しいカクテルのミモザはシャンパン、またはスプマンテ、プロセッコなどのスパークリングワインとしぼりたてのオレンジジュースを半々で混ぜたもの。正式名称は『シャンパーニュ・ア・ロランジュ』(オレンジ・ジュース入りのシャンパン Champagne à l'orangeシャンパン75ml、オレンジジュース75 ml が正式な分量。

ミモザの花と色合いが似ていることからミモザ呼ばれるようになったと言います。正式名称がフランス語である事からも察せるように、パリ生まれのカクテルで1925年ごろにパリのリッツ・ホテルの伝説的バールマン、フランク・マイヤーにより考案されました。

現在はフルートグラスでサービスするのが一般的。


パリ、リッツ・ホテルの伝説的バールマン、オーストリア出身のフランク・マイヤー


1936年にフランク・マイヤーが出版したカクテルの本、オリジナル版の表紙



カクテル ミモザの掲載されたページ

現在はフルートグラスでサービスするのが一般的ですが、

この本では「大き目のワイングラス」を使用と指定されています。

この本一つ一つのカクテルにどういうグラスを使うかが指定されていてとても興味深いです。



一方同じ材料で分量だけ違う別名のカクテルBuck’s Fizzはイギリス生まれ。

ミモザがシャンパンとしぼりたてのオレンジジュースを半々にするのに比較し、Buck’s Fizzシャンパンの割り合いが高くなります。色々なヴァージョンがありますが1921年、最初にロンドンのブックスクラブ(Buck’s Club )の若いバールマン、マラチー・マックガリー(Malachy McGarry)により考案された時の割合はシャンパン100ml、オレンジジュース75 ml だそうです。


McGarry’sのボトルにあるマラチー・マックガリーのポートレート