2015年7月8日水曜日

アンティーク サン ルイ ミカド 887 SAINT LOUIS MICADO

アンティークのサンルイ(St. Louis)型番がMICADOミカド
MICADOミカド と名のつくモデルは同型で別のデコレーションの物もあり、1930年のカタログによると887がデコレーションの品番になります。
以前はデキャンタだけでしたがグラス主要サイズとデキャンタ2サイズをセットで入手しましたので改めてご紹介します。

©Galleria Kajorica

在庫状況や個々のコンディションはオークションページをご覧下さい。




スタイルとしてはアールヌーボー調ですが1908年のカタログに見つからず、1930年のカタログに登場します。

バカラ同様サンルイが腐食のマークを入れ始める前の1910-1935年の製造と想定します。









デキャンタのLサイズMサイズ


©Galleria Kajorica
こちらは以前入手して完売した。部分金彩の特注品 
1930年のカタログにはクリアクリスタルのものもグラビュール全てに金彩を施した物もあり、これはその中間の部分的にだけ金彩の入ったヴァージョンでとても上品な良い趣味です。
日本だとパーソナライズというとお名入れ程度ですが、ヨーロッパのブルジョワかそれ以上の家庭では、バカラやサンルイのプロパー品に手を加えて自分だけのモデルを持つというのはよくすることです。友人の指揮者の家庭でも音楽院の学長だったお父様の代から使っているバカラのMARIGANNEは、特注で脚部を断面で六角形にカットしたものでした。




名前の由来
フランス語に MICADOミカドという言葉はない為、「帝」なのではないかと創造します。